秋の養生 その2

 秋は上焦に熱がこもりやすくなります。心臓、肺の不調に注意しましょう。特に今年は、咳が止まらないなどという状態になったら、周りの目が恐ろしいことになりそうです。

 咳が止らない、あるいは動悸や胸苦しさを感じるなどの症状が続いてしまったら、まずは自分で養生。うまく行かない時は、経絡治療で上焦の気を下げてあげれば、比較的簡単に症状を緩解させることができます。

秋の養生 その2
タイトルとURLをコピーしました